分かりやすいが正しいとは限らない、医学の観点では特に

| コメント(0)


「分かりやすいが正しいとは限らない」ってのは当方が何度となく繰り返して言及している話。「分かりやすい」ってのは自分で理解しやすい、あれこれ検討して自分にとって納得のいくものか、損得の判断ができるかがしやすいってことなんだけど、それが確かなものかどうかってのはまた別の話。外を歩いても斜めになって宇宙に落ちたりしないし、遠くを見てもまっすぐだから、地球は平らなんだっていうのは分かりやすい説明だけど、それが正しいかどうかとは別の話で、実のところは間違っているって例を挙げればいいのかな。

これって結局、難しいものを考えるのは面倒だという人間の本質とか、英雄志願や勧善懲悪的な図式を望んでいるところと筋を同じにするような気がする。ヒーローが世の中の悪をバッタバッタと倒していくとか、王様は悪者で市民の寄り合いの中心にいる人物が善人だから悪を倒すべきという革命志向とか。

確かにシンプルな方が、正しいものであれば簡単で済むし疲れなくてもいいので、それに越したことは無い。けれど世の中は実際にはそれほど単純なものではない。

報道が得てして間違った情報を流すのは、この部分にも起因するような気がする。簡単で分かり易い方が客の受けはいいし目に留まってもらえるから、そこに正しさなどは求められていない。物語を読ませるような感覚で報じてしまっているわけだ。それって根本的に間違っているだろう、という感じがするのだけど。簡単にする過程で物事の本筋、事実をよじ曲げられては困るのだよね。正しく伝えるのには技量が必要だけど、その技量が欠けているのが報道界隈の問題なのだろう。

そして今件はスマホ時代においては、ますます問題が深刻化しそうな気がする。情報のつまみ食い化がスマホで推し進められるから、分かりやすさがさらに優先され、正しさは後回しにされる。報道記事のタイトルのゆがみが良い例だよね。

このへんの話、何とかならないかなあ、とは常日頃から思っているのだけど。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年10月28日 07:42に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「棄権票の意味」です。

次の記事は「ツイッターのタイムスタンプの意味」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31