ツイッターで化けの皮がはがれるわけ、というよりはテレビでは化けの皮で重装備されているまでの話

| コメント(0)


3000円のパンケーキ問題が最近ではよい例だけど、テレビタレントとかタレント的な立場にある「有識者」がソーシャルメディア、特にツイッターを始めると、テレビでの博学で人物ができているような印象とは裏腹に、反社会的なイキガリズムの存在だったり、知識も品格も足りないスットコドッコイヤーだったり、意識だけ天空まで届くような高さの存在でしかなかったり、単なるおバカさんだったりという実情がバレる、つまりは化けの皮がはがれる事例が相次いでいる。

でもこれって見方を変えると、ソーシャルメディア上での言動が素の状態の内面吐露であって(無論それがすべてではないけど。他方、ツイッターは利用ハードルが低いため、内面が出やすいことでも知られている)、テレビや新聞で見えてくる姿ってのは、演出や編集、シナリオで形成された作り物でしか無いのだよね。つまり、出てくる人は単なるお人形。さらにフォトショップさながらな加工を受けている。

いくらテレビや新聞でカッコいいように見えても、その人自身が本当にその性質を持っているわけでは無い。単に仮面をかぶっていて、その仮面がカッコイイというだけの話かもしれない。本来テレビなどの舞台に出る人の、素の姿などを見る機会は滅多になかったのだけど、ソーシャルメディアでダイレクトに見ることができるようになった、なってしまった。

視聴者からはテレビという舞台でも、ソーシャルメディア上でも、その人を見ていることに違いは無い。その辺りをしっかりととらえていないと、ソーシャルメディアって自分の素を出していればいいんだと考えていると、色々と大変なことになるってことを、もう少し知っておく必要があるのではないかな、と。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年10月24日 07:08に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「食べ過ぎで不健康になるとダイエットしても意味は無い、との実験結果」です。

次の記事は「松屋の新作は牛焼肉と茄子のにんにく味噌定食」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31