新聞協会による消費税軽減税率適用での見解

| コメント(0)


実質的に某公明党の思惑で決まった軽減税率と新聞への適用。もの凄い違和感があるし、新聞が加わった時のプロセスも理由も非常にあいまいで、忖度だのなんだのと追及する方々もおだんまりなのがおかしなところではある。

で、その新聞協会が軽減税率適用でこんな見解を出していたぞ、というお話。なんか色々とツッコミどころがありまくりで、へそがマグマ沸かすぐらいな感じ。


いくつかツッコミどころをツイートしてみたけど、そもそも今の新聞って公共財というよりはクラブ財だよね。新聞そのものが報道とともに言論機関であることを自称しているのだから。

というかこういう詭弁を公式な見解として出すこと自身が、公共財だの文化だのを語る資格が無いという裏付けになっていると思うのだけど。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年10月 2日 07:49に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「売れていないから買って」とする宣伝はどうだろうか」です。

次の記事は「「ガベージストレージ」の本運用開始」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31