米国で浸透するオーディオブック

| コメント(0)


オーディオブックとは言葉通り聴く本。他人が朗読した本の文章を耳で聴くためのもので、普通の読む本と比べて使う身体の器官が異なるのが最大の特徴。文字の認識が難しい人、視力が落ちている人も本を楽しめるだけじゃなく、ながら活動に適しているのがポイント。紙などの本と異なり、ランダムアクセスが難しいなどの短所はあるけれど、逆に声優さんなどによる、声での付加価値をつけることもできる。ラジオと似たようなものだな......ってラジオ番組にも朗読みたいなものがあるから、元々似通っているのか。

昔はカセットテープやCDで利用するってのがメインではあったのだけど、最近はデータでやり取りできるようになったので使いやすくなったのは事実。

PewResearchの最新の調査結果によれば、米国の成人においては20%が過去一年間にオーディオブックを使ったとの話。電子出版物は25%だから、なかなかのものではないかな、と。

属性別では女性、白人、中年層、高学歴、高年収、都心部住まいの人の方が利用率は高い。インフラなどの問題もあるけど、女性の方が高い値ってのはちょっと意外。もっとも、紙も電子も女性の方が上だから、単に女性は本好きってことになるのかな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年9月27日 07:05に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「アマゾンのほしいものリストのソースコードにアヒルちゃん」です。

次の記事は「医療費が過去最高42.6兆円との話」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31