日本の飼料用とうもろこしの輸入量

| コメント(0)


先日石油統計をいじる機会があったので、そういえばとうもろこしの輸入量はどうだったけかな、と貿易統計に目を向け、ちょいと精査したところ望みのデータが出てきたので、簡単にグラフ化。

とうもろこしのうち飼料用と区切り分けされている分について、2018年中に日本が輸入した量の実情を示したもの。ほぼ米国一色。あとはちょっぴりブラジルとか南アフリカとかロシアとか。以前提示した値よりも米国寄りになってるよね。

ちなみに以前話題に上ってた、中国からの輸入量はゼロ。食用のとうもろこしでは126トンほどが確認できるけど、これもごくわずか。特定銘柄を指定買いしたような感じではある。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年8月31日 07:26に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「眠い」って何だろう、それを知る瞬間」です。

次の記事は「辞書を持っていても調べて活用するのには知識が必要」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31