アマゾンのコメントの闇...賄賂アプローチメッセージ同封の商品

| コメント(0)


実商品とそのコメントが確認できたので覚え書きとして。以前から中国系業者を中心に、ステルスマーケティングをしろというアプローチとか、本当のことを書いて低評価をすると「高評価にしたら対価差し上げます」とか「高評価にしないとひどい目にあうぞ」的な話は結構出ていたりする。アマゾンポイントあげて実質無料にするからべた褒めしろ動画や写真を載せろとかね。

ただ今件の話は正直なところ「その発想は無かったわ」というツッコミしかできないレベル。要は実商品に始めから高評価をしろ、したらお金あげるよ的なメッセージを添えていたとは、ねえ。

この辺の話、アマゾンはどこまで把握しているんだろうか。日本以外のアマゾンでも似たような感じで汚染が広がっているんだろうか。まともにコメント、レビューをしている方が馬鹿をみる感じで、大変な嫌悪感を覚えているのだけど。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年8月26日 06:49に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「在庫リスクの無いブローカービジネス」です。

次の記事は「「カラ丸珍道中」の発見とか古いフロッピーの廃棄とか」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年8月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31