即売会での釣り銭問題

| コメント(0)


即売会だろうと何だろうと対面取引でのお金と商品のやり取りに違いは無く。そこには当然小売業でのノウハウが求められるし、問題も発生する。その中でも多々見聞きされるのが、小銭の不足問題。どれぐらいで不足するのかなどの感覚は、普段は買い物をする程度の人には分かるはずはないし、万一不足してしまうものなら近所の銀行などで両替とかをするわけにもいかないので詰んでしまう。

で、そういう状況にならないように、商品価格の設定を巧みにして、極力お釣りが必要ないようにするってのがノウハウの一つ。300円では無く500円とか1000円にしてしまうとかね。

もう一方で、実情をお客側にアピールしてしまうというのも一つの手。そのために用意されたのがこの札。シンプルで分かり易く、しかもすぐに作れる優れもの。

...ってこの類の札は、特に100均などの小売店ではよく実品が使われているのを見かけたことがある人も多いはず。1000円札が不足しています、って感じの。そのノウハウを借用したまでの話だけど、指摘されないとなかなか分からないのも事実。この類の知識はどんどん広めて共有したいものではある。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年8月15日 06:10に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「あなたは善人なのだから」を押し付けられるいわれはない」です。

次の記事は「新潟上越で40度に」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31