ラジオ局とコスト感覚...ツイッターでの2つの真実

| コメント(0)


「真実」とかいうフレーズを使うとダイナミック胡散臭くなるのだけど、コピーとしてはこういう使い方をするのが正しいのだろうなあ、と脳内会議が続く中で。

元々ツイッターは小さいブログの連動体というかRSSで読みやすくしたような仕組みでしかないのだから、一方的発信のラジオ局のようなものっていう考え方は悪くない。フォロワー数は聴取者数。レスポンスとか引用リプライでのツッコミはリスナーからのお手紙。気が向いたらそのお手紙に返事をするよ、というもの。

法的なものとか社会倫理的なものに反していなければ、そして何よりもツイッターの規約に抵触していなければ、自分で好き勝手にやって構わない。まぁ、同時にラジオ局同様に、配信した情報が社会全体に公知されているってのを認識しておく必要はあるのだけどね。


もう一つ、コスト問題。これはツイッターに限った話では無いのだけと、ソーシャルメディアの普及でアプローチコストがけた違いに下がったことで、気軽に「なぜ」を当事者に直接投げることができるようになった。テレビ番組での疑問を直接テレビに問いかけるようなものだな。ただこれって、Siriのような自動回答プログラムじゃないんだから、人間がこれをやらされると非常に辛い。費用対効果の観点で全然割に合わない。

なので基本的には、自分に益があると判断できるもの以外には、相手をしないのが一番効率的。人は万能で無限の時間があるわけではないのだからね。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年8月22日 08:00に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「時短と「イッキ見」」です。

次の記事は「まんが4コマぱれっと 2019年10月号読了」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30