人の話を聞かない人

| コメント(0)


文体的には半ば冗談交じりのようではあるのだけど、残念ながらこの類の人はどのような界隈にも存在する。その人の意図が、本当に忘れてしまっただけなのか、覚えているけど忘れたふりをして再提案すればもしかしたら受け入れられるかもしれないと考えているのか、それとも何度拒否されても日が変われば気分も変わって返事も変わるかもしれないという甘い考えでいるのか、さらにはチャレンジ精神とかいう勝手解釈なポジティブシンキングをしているのか。もっともどのような場合であっても、たちが悪い話には違いない。

人の話を聞かない人ってのは時に、自我が強い人とか何物にもとらわれない人とか肯定的に表現されることもある。けれど周囲の人にとっては、時間の無駄でしかない。一度しっかりと決めた、教えたことをすぐに再度聞き直すってのは、忘れ事をしやすい子供だけの特権。

あるいは「後日LINEで今思いついたかのように」とあるので、「自分の考えたステキナイスなアイディア」と「そのアイディアはアウト」という一連の事実に関して、前者と後者の事実的紐づけの記憶の糸が切れて、前者だけ脳内に残っているのかもしれないな。だからぱっとした思い付きってことでLINEで聞いてくる、と。


駄目だと決めた時の議事録なり資料を持ち出して(それをやるだけでもリソースの無駄なのだけど)、もうご飯食べたでしょ的な返しをするのがベターなんだろうけど、それをやっても指摘されているような話をしてくる人は確実に存在する。当方も以前、このタイプの人に随分と苦しめられたことがある。そういう人は自分の決めたことが絶対だという行動性向の持ち主なんだろうなあ、と考えるしか無さげ。しかも恐らくは、そういうごり押しでこれまでに何度か成功し、それが正しい方法論だという学びを得てしまっているのだと思う。

そういう人はたとえそれで成功したとしても、かかわった人からはアンタッチャブル扱いされるのがオチなんだけどね。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年7月14日 07:22に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「反射材の面白い使い方」です。

次の記事は「韓国の問題と「規制と優遇解除」とか」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年11月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30