アマゾンの動物保護施設 支援プログラム

| コメント(0)
このプログラムは、動物保護施設で新しい飼い主を待ちながら生活する犬や猫を、Amazon.co.jpを通じて支援する取り組みです。それぞれの動物保護施設によって作成された「ほしい物リスト」から商品をご購入いただくことで、それらが支援物資として各施設で生活する犬や猫に届けられます。

犬や猫を保護している施設がアマゾンのほしいものリストを作り、そのリストに施設で求めているアイテムを登録。リストを集約してアマゾンが分かりやすく検索できるようにして、アイテムを提供したい人が容易にリーチできるようにする。震災以降広がりを見せている、ボランティア団体や自治体がほしいものリストで支援をしてもらうスタイルに、アマゾン自身がリスト集約化という形で貢献をするプログラム。要はヤフーで展開されている寄附金のリンク集みたいなものだ。

発想としては面白いしなぜ今までやってこなかったのかと思うぐらい。

他方現状では色々な問題点も指摘されている。リストに登録されている施設の信ぴょう性(これはマケプレ業者でも生じている根本的なもの)に加え、施設側がリストを使いこなしていなくて、関係のないアイテムが入っていたり、サイズが多様なアイテムでどのアイテムを求めているのかが分からないとか(金儲けだ云々自分の望む寄附金のスタイルが無い云々という難癖はともかく)。

良い方向を目指して色々な試行錯誤をしていくことは評価すべき。また、この方法論ができるのなら、あるいはこんなことも......という話も出てくるのだろうな。作家先生とかを対象とした、同じようなリンク集の公開とかね。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年6月16日 07:52に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「エスカレーターでは走るなという話」です。

次の記事は「朝日新聞の「勝たずして何の我等ぞ」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30