吉野家とライザップのコラボ第二弾は牛すき

| コメント(0)
株式会社ベルーナ(本社:埼玉県上尾市、代表:安野清)が展開するグルメ専門通販「ベルーナグルメ友の会」は、2019年6月13日より「RIZAP管理栄養士監修 吉野家 低糖質牛すき」を販売いたします。近年の"低糖質ブーム"とともに増えているのが「低糖質で美味しいものが世の中に少ない」というお客様の声。そんな多くのお客様の声にお応えするべく、牛丼チェーンの「吉野家」、パーソナルトレーニングジム運営の「RIZAP」、通信販売の「ベルーナ」の3社のコラボによってこの度共同企画・開発されたのが『RIZAP管理栄養士監修 吉野家 低糖質牛すき』です。『低糖質でも美味しく、手軽に、健康的に』というコンセプトのもと、従来の吉野家牛すきと比較し、糖質を50%カット。低糖質のものを食べたい方、低糖質でも味に満足したいと感じている方にぴったりの商品です。

先日ご飯の代わりにサラダを乗せた牛サラダなるものが展開を開始し、すき家に似たようなメニューが以下略とかこれは牛丼なのかという存在そのものの再定義が必要になるとか色々と物議をかもしているけど、セールスは結構堅調なようで、「これだよ、利用者が求めていたものは」的な展開となっている、吉野家とライザップのコラボメニュー。その第二弾が登場との話。

ただし今回は吉野家での店頭販売ではなく、グルメ通販サイトの商品としての展開。あらあらなんで、ちょっと勿体ない感じ......って時期的に牛すきは店頭販売できないからか。冬場になれば期待できるかな。

中身としては従来の吉野家の牛すきと比べて糖質が半分になっているというもの。糖質を控えている人には嬉しい話に違いない。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年6月13日 07:18に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「松屋の新作は回鍋肉定食」です。

次の記事は「2000万円の話」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30