斬新なスナック菓子のパッケージ

| コメント(0)


昨日夜半に少々すき間時間があったので、例のナイル印のねじりせんべいみたいなスナックのレビューを編集してアマゾンに投稿した際に、関連商品として出てきたのがこれ。ネギバカという名前のスナック菓子ではあるのだけど、パッケージがサンプルなのか仮打ちなのか子供の落書きなのかというぐらいのシンプルイズベストな状態。ナウプリンティングの親戚かよ、的な。

ネット通販で掲載されているからまだ大丈夫だけど、これが実店舗にずらりと並んでいるとしたら、ちょっと吹き出してしまうかもしれない。注意を引き寄せて手に取らせるという観点では大成功だけど、逆に怖がって近寄り難さを覚えてしまうのも事実。


ある意味、もっと近寄りがたいのがこれ、「はい、塩コショー」。そういう味わいのおかきであることは容易に想像ができるのだけど、だからといったってこれはさすがに無いだろうというツッコミがバルカンファランクス状態。低コストでハイインパクトという観点では、非常にコスパのよいデザインには違いないけど、ねえ。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年6月11日 07:17に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「押し入れへの本の収納と問題点」です。

次の記事は「諸国の米中好き嫌い」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30