例の某党の「失言防止マニュアル」をダサいとか個々の能力の問題だとして否定する報道について

| コメント(0)
自民党が作った失言防止マニュアルを、ミタパンの愛称で知られるフジテレビの三田友梨佳アナウンサーが痛烈に批判したことが、ネット上で注目を集めている。


先日【「失言防止マニュアル」のあれこれ】でも指摘した内容の動きが、まさにそのままの形で体現化されていたので、マニュアルに書かれていることの確からしさがまた一つ確認できたなあ、ということで覚え書きも兼ねて。まぁ、直接記者そのものの考えってことではないし、語っているのが報道の中の人だし、ネットの声でも賛同が相次いだ云々というところまで合わせ、パターンそのものではあるし、さすが中身が朝日新聞のハフポストだなぁ、と感心させられるほど型にはまっている。

ならばテレビも放送禁止用語などのリストを作らずに、個々の出演者が自己判断力で話せばよいまでのお話。テレビにはその類のものは無いのでしょうか。


確認できるマニュアルの内容の限りでは、その内容は「夜中に暗い道を一人歩きをするな」「駅などでは歩きスマホをするな」などのような話。当たり前のような話ではありますが、それを明文化したことを否定する、馬鹿にするのが何を意味するのか。

また、マニュアルで指摘されている内容は多分に報道が悪意的な伝え方をしやすい要素の列挙でもあります。発信側そのものではなく、発信した内容を悪用する輩の悪用パターンも多数説明されています(報道側の手口の暴露)。それについて第三者の弁を借りる形で否定的に報じられているのが多分に見受けられる現状は、まさに書かれている内容が正しいことを裏付けている次第です。


一応こんな感じで解説はしておいたけど、正直文字数がこの3倍は必要。そして仮に指摘されている「判断力」を持っていても、報道界隈の悪質な偏向報道は避けられない。何もしゃべらない限りは、ね。まぁ、今回語ったのがアナウンサーという時点で、報道界隈がマニュアルの内容を否定的に印象付けたいという表れではある。

決まりを文面化するなんてダッサーイ、自分を律せないんだと馬鹿にする界隈は、元からその類の決まりを守るつもりが無い人か、単に馬鹿にしたいだけの人か、すでに決まりを守っていない状態なのにそれに気が付いていない人。酔っぱらいが「自分は酔ってない」と主張するのと似ているのだよなぁ、と。

しかしここまでガッツリと型にはまった形での報道がなされるのを見るに、よほどあの内容を正しいものとして周知されたくはないのだろうなあ、という気がする。先日の記事でも言及したけど、あれをそのまま発信元不明ってことで更のテキストにしたら、誰がそれを否定できようか。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年5月20日 06:57に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「何回もAmazonプライムの自動更新設定を解除された件について(スパム)」です。

次の記事は「「アウト」の最終号とか「バクバグ」の創刊号とか」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年8月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31