みらい翻訳というサービス

| コメント(0)


言語の違いはコミュニケーションにおけるハードルの一つとして古今東西問題視されているものであるし、バベルの塔の事案がなければなあと思ったりもするのだけど。いや、言語で区分がされていないとかえって世界は滅びの道を歩みやすかったのかな? とか色々と設定狂の血がうずく。

という話はともかくとして。機械翻訳は専門家による翻訳と比べるとまだまだの水準には違いないけど、昔と比べると随分と進歩しているのもまた事実。昔は専用のアプリケーションを組み込んでやらないとできなかったってのもあったし。今じゃ大体グーグル翻訳でいいんじゃない、的な雰囲気だけど、ここしばらく話題に上っているのが、このみらい翻訳。まだ試験運用的なもので、ビジネスモデルとしてはどうやっていくのかなというのが注目なんだけど、質としてはあちこちから上がっている評価通りのもの。


試しにツイッターの決算短信の文面をコピペして翻訳させてみた。まぁ、確かに明らかな誤訳って部分も少なくは無いけど、より日本語らしい翻訳がされているのは注目に値する。何というのかな、日本語におけるぎこちなさがそれほど感じられないのだよね。この辺りの読みやすさを工夫しているのかな、という気がする。

今後みらい翻訳がどのような姿に変貌していくのか、大いに注目していきたい。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年4月27日 06:53に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ネタなのか、マジなのか。いずれにしてもネット上ではマジ扱いとなる」です。

次の記事は「高齢者の運転免許証と健康診断と」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31