マクドでベーコンポテトパイが登場したりダブルチーズバーガーなどが値上げしたり

| コメント(0)
サクサクのパイの中に、ホクホクのポテト、スモーキーなベーコン、オニオンなどの具材がたっぷり入った人気のパイメニュー「ベーコンポテトパイ」の味わいを、1年半ぶりにお楽しみいただけます。今回は、ホクホクで具材たっぷりな「ベーコンポテトパイ」をお召し上がりいただくことで、元気と勇気とアツさを感じていただきたいとの想いから、アツすぎるパイセン(先輩)をイメージした、その名も「ベーコンポテトパイセン」として登場します。ミルクを使用したとろ~りクリーミーなフィリングの中に、ホクホクなポテトの食感とベーコンの香ばしい味わいが絶妙なハーモニーの一品で、お腹も心も温かく満たしていただければと存じます。

パイセンって何だろう、何か焙煎と関連する具材でも...と思ったら単純に先輩のことを意味したのね、という感想が第一印象のマクドの新商品。スイーツというよりは軽食的なポジションの強いベーコンポテトのパイなんだけど、これはこれで旨そうな気がする。

それにしてもこのネーミングセンスって、どうなんだろう。そういう筋の代理店がついちゃってるのか、内部にそういう人がいるのか。いずれにせよ、この類のダジャレが受ける年齢階層をターゲットにしているのだろうな、という感はある。

日本マクドナルドは10日、「ダブルチーズバーガー」など税込み320円の3商品を10円値上げする。一方、ランチセットに600円の価格帯を新たに設定。「ビッグマック」のセットは、通常のバリューセットより90円安くなる。

他方、リリースそのものは数日前の話ではあったのだけど、「ダブルチーズバーガー」「てりやきマックバーガー」「フィレオフィッシュ」の単価が4月10日から引き上げられることになる。理由としては「メニューのラインアップ全体のバランスをとり、継続的に多くのお客様にお得感をお届けできるよう、一部価格を最適化」というよく分からない内容。

まぁ、値上げそのものは仕方が無いとしても、他のリリースの中に目立たないような形で掲載するのはあまりお行儀がよいとはいえないのだな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年4月 5日 06:44に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「IT系のトラブルの原因がITそのものにあるとは限らない件」です。

次の記事は「nanacoポイントの付与率が半減」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31