nanacoポイントの付与率が半減

| コメント(0)
セブン&アイ・ホールディングスは4月4日、独自の電子マネー「nanaco」(ナナコ)決済時のポイント還元を7月1日から刷新すると発表しました。従来の「100円(税別)で1nanacoポイント」(1%)を、「200円(税別)で1ポイント」(0.5%)に変更。還元率は半減することになります。

当方も最近はお財布代わりにnanacoを使う機会が増えて、チャージする時とか買い物のレシートを見た時に付与されているポイントを確認してにやにやできるのが楽しみではあったのだけど。この付与率が7月から半分に減られるという。つまりお得度というか割引率が半分に減るってわけだ。消費税率引き上げに伴い逆に2倍にして2%付与にしちゃうよとかいう話だったら天井にぶち当たる位飛び上がって喜べるのに。

まぁ、色々と事情はあるのだろう。メリットを還元云々とあるけど、大抵の場合、多くの人にはあまり関係の無い話だったりするし。


で、ちょいと気になったのは付与率の変化について。元記事ではタイトルで半減とあるけど、表現の仕方で随分と印象が違ってくるのだな、という実例を。

どれも語っていることに間違いはないのだけど、印象が随分と違うよね。一つ目だと随分と大きな下落ぶりだけど、二つ目だとあまり大したことが無いように思えてしまう。

正確さとは別に、読み手にどのような印象を与えるのか、書き手側の思惑が反映されてしまうってのはこういうことなのだな。印象もまた、情報に他ならないけどね。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年4月 5日 06:56に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「マクドでベーコンポテトパイが登場したりダブルチーズバーガーなどが値上げしたり」です。

次の記事は「リアルな手乗りフレンズを、という話」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31