アマゾンプライの年会費が4900円に引き上げへ

| コメント(0)
2019年4月12日、Amazonプライムの会費を以下のとおり改定いたしました。月会費・年会費の各支払いプランのプライム会員のお客様が、同じ支払いプランを更新される場合、2019年5月17日以降の請求から、改定後の会費が適用されます(※)。※4月12日以降に会費プランを変更(例:月会費から年会費に変更)された場合は、改定後の会費が適用されます。

今朝起きて一番驚いたのがこの話。海外の会費と比べて随分と安いけど、恐らくはそう遠くないうちに引き上げられるのだろうなという予見はしていたけどね。よもや元号切り替えとほぼ同じタイミングで引き上げるとは。

ということでアマゾンプライムの年会費が現行の3900円から4900円に。ほぼ5000円。まぁ、月割りで83.3円位なので、封書郵便1回分と考えれば、配送料を原則気にせずに注文できるメリットだけでも随分とお値打ちだったりする。つまり、アマゾンの色々なサービスを使えば使うほど、お値打ち感が強くなる。


25%ほどの引上げっていうと随分な感じもするけど、色々と利便性に浸かってしまうと、なかなか抜け出す事ができないってのも否定できない。一度使った文化技術は二度と手放せないってのと同じなんだよね。その観点で、アマゾンプライムはホント、地獄だぜ、じゃなくて沼だよなぁ、と。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年4月12日 06:51に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「電子書籍は図書館で保存できない」です。

次の記事は「「節税対策」と名乗るもの、次にくるのは何だろう」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31