10年後の企業の生存率

| コメント(0)


起業した企業が10年間で生き残る確率は何%という話がある。本の題名にもなっていた気がするし、中小企業の場合は3%とかいう話も世間の逸話的にはよく見聞きする。けどよく考えてみると、それの裏付けというか統計的なものというか根拠ってどこにあるのかな。

ということで色々と調べてみた。まずは中小企業白書。これだと5年間で生存率81.7%。日本は結構高いよね、という話になっている。

で、その中小企業白書をさらにさかのぼって、10年以上前のものになると、こんなものがあった。毎年前年から生き延びているかどうかの割合をそれぞれ表示しているもので、要は1年間生き延びることができれば、次の1年を生き延びる可能性は高くなっている......というか自然淘汰っていうか、進化論的なお話が結論として出てしまっている。というか、初年で4割ぐらいの企業がコケるのか。


さらにそのデータを基に、計測期間における平均値を使って、10年間で毎年どれぐらい生存し続けることができるのかを概算したのがこちら。個人事業所ベースだけど、10年間で残るのは1割程度。まぁ、20年以上前のデータを基にしているので、今ではどうなんだろうかってのがあるけど、一つの指針にはなる。

最近は...どうも中小企業白書ではこの類のはあまり取り上げなくなっちゃったみたいで、再度白書を隅々まで精査する必要があるかなという気がする。あるいは一次データをたどって独自計算しなきゃならないかも。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年4月25日 07:58に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「交通事故の死亡者数は減少中。24時間以内だけじゃなく30日以内でも1年以内でも」です。

次の記事は「週刊誌のつり革広告と読者層の実情と「限界雑誌」と」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30