世界観と世界設計の違い

| コメント(0)


何気によく使うのは世界観で世界設計という言い回しはあまり積極的には使わない。けれど、厳密にはこの両者にはこういう違いがあり、その違いを知っておくことが創作でも役立つよ、という話。

具体例が挙げられているのでよく分かるのだけど、世界の理そのものは世界設計。設定好きな当方としては色々と脳内でどういうものかをこねくり回したりする、世界の構造そのもの。これがしっかりしていないと、創作の中身もぐだぐだなものになる。

一方で世界観は人が持つ世界設定への思い、考え方、認識。例で挙げられている地獄とか徳の概念も、確定した法則であれば世界設計となるし、そういう世界の理としての物語なら世界設計となるけど、一人一人が考えているものに留まるのなら、世界観でしかない。

まぁ、例えば「涼宮ハルヒの憂鬱」では主人公のハルヒが考えた世界観が、そのまま世界設計になっちゃうよね、というお話。この辺って結構ごちゃごちゃになりやすいので、注意をしたいところではあるし、それを上手く使えば面白い創作ができるかもしれないよ、という話ではある。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年3月17日 07:27に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「練馬駅駅前に松屋のジェットストリームアタックが」です。

次の記事は「契約や派遣、パート、アルバイトでの天引きの注意事項」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31