日清から変わり麺が続々登場

| コメント(0)
「チキンラーメンの油そば」を 2019年3月25日(月)に新発売。発売61年目を迎える今年は、湯切りタイプの新ジャンル"汁なしチキンラーメン"シリーズを展開していきます。その第 1 弾は、カップ麺でも大人気の"油そば"風にアレンジした「チキンラーメンの油そば」です。

変わり麺といっても第一印象でこりゃウケ狙いだろうという笑いが出てくるものでは無く、これ多分美味しいやつだという想像まで出来る、多分にポジティブな意味での変わり麺。一つ目はチキンラーメンの油そば。もうそのままその通りで、チキンラーメンを油そば風に汁無しで食べるというもの。これ、絶対美味いやつだ。

「鶏油とラー油ベースで味付けした濃厚なしょうゆだれ」ってもうそれだけで商品化できるのではないか、というぐらいの旨味濃縮。いいよね、マジ期待。

「日清のどん兵衛 すも~き~リッチ カルボナーラうどん」を2019年3月25日(月)に新発売。濃厚でまろやかなカルボナーラ風のつゆは、燻製の"すも~き~"な風味が食欲をそそる"リッチ"な味わいに仕上げました。どん兵衛ならではのもっちりとしたつるみのあるうどんは、とろみのあるスープとの相性も抜群です。

もう一つはカルボナーラ風のうどん。元々カルボナーラなパスタも麺類には違いないのだから、スープがしみこみやすいうどんならもっと美味しくなるんじゃね? というのは道理にかなっている。うどんだからスープまで飲み干すのもありだよね、ホント。

問題はカルボナーラな部分の味が、どこまでうどんにマッチしたものとなっているのか。こればかりは食べてみないと分からないんだよなあ。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年3月13日 06:46に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「連続物の商品が尻切れトンボで終わる時の悔しさ」です。

次の記事は「マスコミの自称する「社会の木鐸」は子供への折檻を正当化する保護者と同じ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31