「言葉もありません」

| コメント(0)


毎度おなじみの切り貼り報道でございます~とチリ紙交換のメロディで語ってしまいそうな話ではあるのだけど。先行する記事でRAWデータがとか全文がとかいう話があって、これでは全文だけでなく当時の状況を確認できる動画が未編集で存在していないと本当の意味での大意がつかめないという、本当の意味での報道の危機が生じている感は強い。

「マスコミは自分で自分の首をしめていく」とあるけど、もう既に首は締まって息絶えていて、ゾンビ状態で活動しているのではないかなという感は強い。

今件に関していじりやすいキャラだから報道にいじれられるという意見もあったけど。それってまさに「いじめ」の構造。それを肯定するってのはどうなのかな、と思う次第。ああ、これって芸能人のそれと同じですわな。


この辺りの話が相次いで、世の中のリソースが無駄に浪費されていくのを見るに、指摘されている通り、まったく無言で通すか、「言葉もありません」を繰り返すしか対応するすべは無いのかな、という気がする。

まあ、そうなったらそうなったで「国民の代表の声に耳を傾けないのか」「真面目に考えているのか」と騒いだり、勝手に反応をねつ造されるのがオチだけどね。誰も記者を選んだ記憶は無いのだけど。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年2月15日 07:39に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「不思議だ、理不尽だと思ったら問合せを」です。

次の記事は「新聞社の信ぴょう性は記事だけでなく構成員の日頃の挙動でも暴露されていく」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31