面倒なことはプロにお任せ。対価以上の便益が得られればよい

| コメント(0)


お金を借りても利息以上の稼ぎが得られる限りは問題ないって考え方がある。住宅ローンが好例。賃貸住宅で借りるより安上がりとか、得られる便益を金額換算したら買った方がいいわぁという人の場合なら、それは正解。

で、今件の場合はある意味羨ましい話ではあるのだけど、所得税や住民税、各社社会保険料がえらいことになりそうなぐらいに稼ぎを得た人のお話。先日当方も確定申告の書類を書き終えたけど、桁が随分と違うなあ、という愚痴はともかくとして。

このぐらいの金額になると、単純に会計処理をしただけで申告すると指摘されている通り、えらい額の住民税が来たりする。社会保険料ももりもり跳ね上がる(上限はあるけど)。


そしてさらに、所得税を一定額以上支払うと、翌年には先行する形でその2/3を先払いすることが求められる。あくまでも先払いなので、当年の時の支払いは楽になるけど。

節税対策は個人でもできないことは無い。ただ、やろうとすると無茶苦茶手間がかかるし時間も浪費してしまう。その分、他にしたい事とかしなくちゃならない事が出来なくなってしまう。しかもヘマをやらかす可能性もある。それらを考えると、素直に有資格者に頭を下げて頼んでしまうのが一番楽。

無論それなりの費用はかかる。けれど、リスクを抑えて時間も節約できるのなら、それに越したことは無い。時間と手間をお金で買ったようなもの。これって一人暮らしの調理とか、中食とかと考え方は同じなんだよね。

餅は餅屋にお願いするのが一番ではある。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年2月12日 07:07に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「コミックのカバーにQRを...試し読みを実本経由で行わせるためには」です。

次の記事は「昔の100円ショップは十銭ストア」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31