自分の記録が欲しいという思い

| コメント(0)


情報は誰にとっても同じものであるはずで、その汎用性があるからこそ価値が出てくるのだけど。同時に他の誰かではない、自分自身が成した記録が欲しい。自分の手元にある、自分の考えで集められた分析結果、傾向のあるものを残し、落とし前をつけたい。

何となく矛盾するような気はするけど、同時に理解できる気がする。昨年夏あたりからの当方のサルベージ作業も、軸としては似たような感じ。自分の資料を手元において埋もれさせたままではもったいない、何か参照できるデータとして、自分が手掛けた、自分の考えた区切り、仕切り分けで情報として残したい。

生物は自分の遺伝子を残すために生き続け、子孫を増やすという本能がある。その本能に近いものがあるのかもなあ、という感は否めない。知の遺伝子、という奴かな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年1月 6日 06:50に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「三角関数など要らぬ、使った事など無い」とドヤる人がいたけど」です。

次の記事は「知識だけでは臨場感を演出できないというお話」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31