「三角関数など要らぬ、使った事など無い」とドヤる人がいたけど

| コメント(0)


具体的に誰かはあえて挙げないでおくけど、炎上商法にしてもおチープ過ぎて本質のレベルが知れてしまうという人のお話。結局のところこの類のお話は「お前がそう思うのならそうなんだろう、お前の中では、な」で済んでしまう。仮に語り手本人の人生ではそうであったとしても、他人がすべてそうでは無い。

そりゃ確かに、一般教養・教育の対象として、馬車の使い方を覚えろとかエスペラント語を覚えろといわれたら、それは使っていないと反論しても問題は無いけどね。実際にほとんどの人が使う機会が無いのだから。生活の中で、隠れてそういうものが必要だという事例も無い。つまり今件で語った方は、単なる炎上商法か、そうで無ければ物事の仕組みについて推し量る能力があまりにも浅いということになる。

...ああ、EM菌とか水素水とか江戸しぐさとか、そういう類の、基本部分が分かっていれば鼻で笑われるようなものに、偉い人とか権威ある人が混じっていることがあるのって、単に金儲けをしたいから信じているふりをしているだけっていうケース以外に、「恵まれた環境」で育ってきたから本当に知らずに信じてしまったってのがあるのか。いわゆる、免疫が無かったので感染してしまうというパターン。


日常の中で知らない、使っていない、意味がないと「当人は思っていて」も、実は知らず知らずのうちに使っているなんてことは日常茶飯事的にある。直接使わなかった、役に立たなかったとしても、間接的に役立つことなど山ほどあるし、逆にいえば狭い領域以外には足を踏み出せなくなる。本人がそのような生き方を望むのならそれはそれで構わないけど、他人にそれを強要するのは止めてほしい。「自分は修行僧的な生活をする。他人もそれをやれ」とかいうようなものだ。

あと、ワクチン云々の話は確かにその通り。利便性が高まると、それを支えている部分の認識が薄れてしまう。インフラ軽視の話とかよくあるパターンだし、以前紹介した「26世紀青年」の世界がまさにそれ。

よりによって治世者の立場にある人が言及してよい内容ではないと思うのだけどね。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年1月 5日 07:58に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「理工系のプレゼンと解説資料の文字と」です。

次の記事は「自分の記録が欲しいという思い」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年1月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31