ワクチンやステロイドを処方するのは

| コメント(0)


ワクチンやステロイドを処方するのは、医者や製薬会社が儲けたいからだなどと悪の組織的な存在として考えている話がある。要は無くたって別に構わないしむしろリスクを増やすだけなのに、余計なものを処方して利ザヤを稼ぐネタを作ろうという陰謀論。単純に原価計算をすれば云々とかいう話もあるけど、指摘されている通りワクチン一本使うごとに医者側に報奨金が出るとかいう話では無い。

まぁ、ぶっちゃけると報奨金以上のものが手に入る。それが指摘されている、病理を発生させないようにするとか、抑えたりするという医療的な観点での状況改善を果たす、可能性を高めるという使命の達成。


さらにぶっちゃけるとワクチンに関しては、こういう理由もあったりする。予防することが出来れば対応しなければならない対象が減るので投入リソースが少なくて済むようになる。病理が体現化してしまうと本人はもちろん、関係するあらゆる方面でリソースが多分に消費されてしまう。防ぐことが出来るのなら事前に防いだ方がよいに決まっている。

これって結局は、氾濫が考えられる河川に堤防を築くとか、定期的に浚渫をするってのと同じことなんだよね。無論確率論として予防措置の中で他のリスクが体現化することもあるけど、それは全体的な損得で考えれば仕方の無いレベル。無論対象には相応の対応が必要になるけど、それだからといって全体のメリットを無くすのはおかしな話に違いない。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2019年1月 3日 07:11に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「日本レコード大賞」もあと10年ぐらいすれば」です。

次の記事は「可視化の手段の一つが科学」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年1月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31