座っていても腰に負担はかかる

| コメント(0)


フリーでお仕事をする人が増えている、フリーで無くてもデスクワークの人が増え、その中でも長時間机に座って端末を操作する人が増えているとなると、座り仕事は身体に負担がかかるから色々と工夫しなさいという話になる。また実際に、一定時間ごとに身体を動かすのが大切だよという話も相次いでいる。それが改めて分かるのがこのお話。

座っていると楽だよね、という気はするけど、実のところ座っていても腰に負担はかかったりする。無論、しゃがむ際に変な姿勢をするともりもり負荷がかかるのだけど、単にまっすぐ座っていても負担は小さくないし、さらにパソコン作業でありがちな前かがみでの座りは大きな負担になる。マジかよこれ。

予防策はあるのか。斎藤さんは「"しっぱなし"がいけない」と言う。座りっぱなし、歩きっぱなし、さらには寝っぱなしも。「同じ態勢を続けると筋肉が疲労しきり、伸筋と屈筋のバランスが崩れ、ピリッとくる。体のどこかに"たまり"をつくってはいけない。ふらふら動いて体をリラックスさせておくことが重要」

実のところはケースバイケースではあるのだろうけど、全般的な傾向として、こういう形で負担がかかるってのは覚えておいた方がいいし、座り仕事の場合は一定時間ごとにストレッチなどをする習慣を身に着けるべきなんだろうなあ、と思ったりもする。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年12月24日 06:59に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「古本屋の実情と無くなる本と」です。

次の記事は「携帯電話の苦情相談の要因は店舗がらみが大半」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31