黒物家電なんていう言葉があったのか

| コメント(0)


白物家電ってのは冷蔵庫や洗濯機のような、日常生活においてよく使われる家電商品全般のこと。かつて色が白っぽいものが多かったことから、総称としてそう呼ばれている。最近ではデザインの多様化ってこともあり、白以外の商品も多数出ているので、白物家電という言葉自体が薄れているけれど。

で、それと対になる言葉として「黒物家電」という言い回しがあったとのこと。いやぁ、これは当方、知らなかった。恥ずかしい話ではあるけど。何となくイメージはできるけど、具体的に何を指すものかは今回調べて初めて知った。

ただ、指摘されて確認してみると、確かに娯楽系の家電商品って、今はともかく昔は黒いものが多かったような気がする。テレビとかテープレコーダーとかカメラって、大体が黒ベースだったよね。


もっとも、利用者側の需要の多様化に伴い、白とか黒が基調っていう傾向が薄れているのも事実。そういう意味では、黒物家電という言い回し自身が、1990年代以前はともかく、昭和的な言い回しというのは事実なのだろうな。

もうすぐ平成も終わるので、「昭和的な」という言葉自体も、別の意味を持ちそうな感はあるのだけど。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年11月 7日 07:24に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「自宅作業な自営業には自宅自身がリラックスできる環境ってのがありがたい」です。

次の記事は「風景を手描きアニメ風に撮れるアプリ『Olli』ってのが何だかスゴイ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30