対外アピール、とても大切

| コメント(0)


先日の【フリーのイラストレーターは料理人的なモノ】にちょっと通じるところがあるかなあ、という話。自分の技術や作品を評価してほしい、正当な対価を示してほしいって場合は、とにかくマッチングが必要になる。けどそのマッチングにしても、まずは精査対象となる情報が必要不可欠。その情報を第三者が精査できるようにするためには、まずは目に留めてもらうようにしなきゃならない。頭に電極ぶち込んで全データを電脳世界に放出し、誰もが手を取れるようにできる世界になれば話は別だけど、そういうわけでは無いのが実情。

さらに、誰に見てもらう、精査をしてもらうのが正解かっていうのは、実際にその正解が出てこなければ分からないので、まずはその可能性にマッチするよう、とにかく種を蒔き続ける必要がある。それに該当するのは、対外情報発信。

話したり出会ったり人脈を創ったり書き記したり。手法は人それぞれだけど、とにかくのろしを上げないと救助されようもない。


自分が最強では無いからアピールしても無駄って考えに陥ってしまいがちだけど、世の中の需要がすべて最強のみを求めているわけでは無い。自分の形に合った場所は山ほどあるし、その場所では一流のプロであることを求められているとは限らない。ただ、誠実であることは必要不可欠になるけどね。

「知らない人間には絶対発注できない」。シンプルだけど、忘れちゃいけない事実ではある。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年11月 4日 07:07に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「不二製油から株主優待が到着しました(2018年11月)」です。

次の記事は「ウェブ上の評価はプラスもマイナスも絶対値で評価される」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30