自分がデザインしたお菓子を作れるサービスが大拡張

| コメント(0)
「おかしプリント」は小ロット(50個)からお菓子のオリジナルパッケージを作ることができる、web注文限定のノベルティお菓子サービスです。最短1週間という短納期と、簡単に会社のロゴやオリジナルの画像を、お客様になじみ深い「ハイチュウ」や森永チョコレート「カレ・ド・ショコラ」のパッケージにデザインできるため、他のPRツールよりも印象に残り効果が高いという点でご好評をいただいており、2016年1月のサービス開始以降600社を超える企業にご採用いただきました。


この度、「ハイチュウ」、「カレ・ド・ショコラ」に加えて、「ムーンライト」、「小枝」、「ベイク」、「ミルクキャラメル」の全6ブランド、がご利用いただけることになりました。さらに今回のリニューアルで、当社以外のブランドのお菓子も拡充してまいります。第1弾として、日本ケロッグ合同会社の「プリングルズ」のお取り扱いをスタートいたします。


数年前に某社が始めたチロルチョコ的なチョコに自分の好きなデザインを盛り込めるサービス。失せモノを記念品にというのは需要にマッチしているし、版権さえ注意すれば多様な場面に自在に使えるノベルティ的なアイテムとなるので、個人ベースだけでなく中小企業や多彩なイベント向けに使える、便利なツールとして浸透しつつある。インターネットで注文できるってのもポイントが大きいよね。

しかもこのサービス、自社がお菓子のラインを持っているのなら、その自社商品を自由に使えるというポイントもある。今回の森永製菓のお話も、自社の有力ブランドをどんどんベースにしてしまおうというもの。立ち上げが面倒くさいだろうけど、一度作ってしまえばあとは楽。考え方によっては、勝手に自社商品の販促もしてくれる素晴らしい商品ってことになる。

個人的には今後、お菓子だけでなくレトルト系食品にも広がっていくのではないかな、という気がする。また景品としてだけではなく、他の使い方も期待できるのではないかと思う。今はまだちょっとすぐには思いつかないけど、少量で新規デザインが盛り込める食品って、色々と可能性がありそうな気がするのだな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年11月 3日 06:51に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ローソンの鍋セットは締めのうどんまでついてくる」です。

次の記事は「リラックマが横たわるかわゆすスイーツ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30