海洋堂のチョコエッグアイテムとか、サクラ大戦のメタルフィギュアとか

| コメント(0)


元々いつかはやらねばならなかったのだけど、ちょいとしたきっかけで前倒しになった、室内ダイナミック掃除大会。単に捨てるのではなく、極力市場に流通させて情報を失わせないようにとの考えもあるので(自分で情報化すれば一番だけど、全部は物理的に不可能)、あちこちに問い合わせをしたり検証したり、買い取りに流してよいのか否かを確認するため、非常に手間がかかっており、このままでは半年は楽にかかる気がする。

で、昨日も午後からちょっとその辺りの作業に。チョコエッグのオマケとして海洋堂が手掛けた、動物とか海洋生物シリーズが山ほど出てきたので、ばらばらになったのを組み立てた上でまとめて梱包して買い取りに。さすがにこれを分類して云々ってのは、当方の手には負えない。

ただ、猫様たちはかわいかったのでいくつか手元に残しておくことにした。うん、世紀を超えてもなお可愛い。


10年ぐらい前のカプセルガチャのNHKキャラクタ。なぜかのっぽさんだけが出てきた。調べてみるとごんたくんとかもあったらしい。揃えていれば残しておいても良かったのだけど、これは別にいいかなあ、という気もする。某社の検索で確認したら80円とか出てたし。


これは最初何者であるかすら分からなかったのだけど、例の三人を見つけて、ああこれはサクラ大戦だなというのが分かったシロモノ。どうやって取得したか覚えていないもので、箱すら残っていない。カプセルガチャにしては大きすぎるので、ボードゲームのコマか何かかなと思って検索したら、どうやら昔のゲームセンターのプライズものらしい。

当方の手元に置いておいても意味が無いので買取に......と思ったけど、買い取り価格が400円とか酷い感じなので、キープしておいてどこか別のところに以下略。

それはともかく。写真は撮らなかったけど、ミスドの景品とか電撃大王などの付録とかコンビニのポイントでもらえたお皿とか、ほとんど価値が無い判定を下されてちょっとショック(電撃系の付録フィギュアが軒並み「買取の意味なし」判定が下されたのはかなりショック)。捨ててしまうしかないのかなあ、これ。ヤフオクとかメルカリという手もあるけど、売れるまでホールドしなきゃならないのは本末転倒なんだよね。

昔のようにバザーに寄付とかいう話も今ではほとんど聞かないし、どこかの保育所に寄付ってわけにもいかないだろうし、ねえ。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年10月14日 07:56に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「築地の公開データにおけるトラブルの実情とか」です。

次の記事は「窓の杜のサイトでも詐欺広告が出た」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31