攻略法は知識の習得とはイコールではない

| コメント(0)


理解できなくても覚えるだけとにかく覚えろ。基礎部分の知識に関してはそういうことも必要だ。なぜなにを解説するための知識が無いのだから。言葉そのものとか掛け算九九とかがいい例かな。あとは公式とか。ただ、そういうものであっても、どうしてそうなるのかぐらいは知っておいた方がいい。

他方、基本の上に積み重ねていく教育レベルになると、それを使う時のノウハウというか仕組みそのものが大切なものとなってくる。無論、それを教える側も大変だし、成果が見えにくいので短期間では評価もされがたいのだけど。

ただしこれは、ゲームの攻略法を教えるようなもので、そのパターンから外れると対応が出来なくなる。その方法に至ったのはどうしてかを理解していないから、パターン外の反応には対応できない。「どく攻撃には毒消しだ」と知っていても「もうどく攻撃」が来たら分からなくなってしまう。「もうどくって毒の強化版みたいなものだから、毒消しを何度も使うとか、強い毒消しの薬が必要なのかな」と考えられるのは、「どく攻撃」が「毒による攻撃である」ということを知っていなければならない。


視力検査に備えて保健室の検査票を暗記していたら、検査当日は別の票が使われたというパターンかな。教える側は手間もかけずに短期間的だけど具体的な成果を得られるので評価され、応用や理由を学ばせるよりはコスパがいいので、そちらに傾注しがちとなる。テンプレだけの教育で行き詰ってしまうとしても、その時には教えた側はどこかに行ってしまって責任など発生しないし、第一応用力に欠けているので自分がなぜ行き詰ったのかすら分からない可能性もある。

色々と面倒くさいのだけどね、教える側は。そして学ぶ側もすぐに成果は出ないので地団駄を踏むだろうし、大変だったりする。でも長期視点で考えると、得をするのは応用力の方だったりする。藁ぶきとレンガの家の違いのようなものだな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年10月 1日 07:20に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「日常の道具の名前や使い方の事典が欲しい」です。

次の記事は「葵の紋所が入ったコカ・コーラが出るようです」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31