「日英語表現辞典」が復刊決定とのお話

| コメント(0)


こちらでも先日紹介したかな、英語の表現を学ぶ、調べる時には必須アイテム的な形で紹介された「日英語表現辞典」。サンプルなどでもこりゃスゴイ的な高評価がもりもり出てきて、でも発売そのものが10年以上前ですでに廃刊状態にあり、市場在庫もさほど多くいので市場原理に従って実売価格もえらいことになった。

で、それでもどうしても手に入れたいとか、アマゾンなどでのマーケットプレイスなどの利用が出来ない人が出版社にツッコミを入れまくった、もとい欲しいとの要望を出しまくったこともあり、急遽復刊が決まったとのお話。

昔と比べると仕組みを整えているところでは復刊がしやすいこと、重版などを行う際の冊数が減っているので小規模印刷も不可能ではないことなどの理由もあるのだろうけど、これってある意味すごいよね、と。たとえばテレビで紹介されたり、ドラマに登場して引きが一気に強まって重版とか復刊ってのはあるのだろうけど、ツイッターで話題に上って復刊ってのは。


市場動向もこんな感じで非常に興味深い。昇竜拳状態で価格は上昇し在庫は華厳の滝状態で減り、そして在庫切れ。最近になって復刊決定の方が入ったからか、思惑でホールドしていた層が放出したっぽいあともある。

オンデマンドとか電子書籍ならこういう心配もあまり要らないのだけどね。一方で、良い本がお披露目されて再印刷されて多くの人の手に届くってのは、色々な意味で評価したいお話には違いない。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年10月 1日 06:55に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「現役世代の将来の不安による貯蓄志向の高まりから、個人消費に直接結びつかない状況である」」です。

次の記事は「日常の道具の名前や使い方の事典が欲しい」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31