何気にBtoBも本格化しているアマゾン

| コメント(0)


先日本家サイトで挙げた、アマゾンの決算短信記事【アマゾンドットコムの売上推移などをグラフ化してみる(最新)】で報告書を読んでいた時に気になったお話。Amazon Businessがもりもり伸びていて社長さんもAlexaばりにプッシュしているってことなんだけど、このAmazon Businessって、当方宛にも「使ってみないかい?」とアプローチしてきた、事業主単位でのアマゾンのアカウント取得だよなぁ、請求とかが楽になるとか、法人ベースでの商品の買い物ができるという話だけど、現状ではあまりプラスの要素が無いので留保という感じだった。

で、改めてAmazon Businessの検索をしていたらたどり着いたのが、このAmazon Businessの利用者に対して出品をしてみませんか、というお話。この発想は無かった。

つまり、個人ベース以外に法人格などの事業単位でのアカウントを創れるようにして、区分をした上で、事業単位のアカウントのみへの商品販売を可能とする仕組みを用意する。結果として、事業単位から事業単位への商売、つまりBtoBがアマゾン上で可能になる。論理的にはさらに、CtoBもできる(言葉のあやな感もあるけど)。

大規模なビジネスとなると色々と細かい所を詰める必要があるだろうから、ネット上での取引だけだと不安となるケースも多々生じるのだろうし、定期的に必要なものを確保するのには問題があるけど、ある程度割り切ったものならばAmazon Businessでいいじゃんということになるかな、という感はある。マッチングシステムを事業単位間にシフトしただけではあるのだけど、結構頭がいいよなあ、と感心させられる話には違いない。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年10月27日 07:17に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「紙媒体の古本の価値が下がっているのかもな、買い取りの観点で」です。

次の記事は「アマゾンのカスタマーレビューを投稿しても反映されない件」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31