最高100辛までの辛さが体験できる丸亀製麺の「うま辛担々うどん」

| コメント(0)
讃岐うどんの専門店「丸亀製麺」では、「うま辛坦々うどん」に辛さをレベルアップできる裏メニューを期間限定で販売する。その名も「うま辛辛辛辛辛坦々うどん」。これでもかというぐらいに「辛」が並び、商品名だけでその辛さが伝わってくる。辛さは1辛~5辛と10辛、20辛、50辛、100辛の10段階から選択可能。10月23日から全国の丸亀製麺にて販売される。50辛と100辛についてはデジタルチケットが必要だが、20辛までなら店頭で注文できる。

内臓疾患を患ってからは辛いものを食べると「また内臓がトラブるのでは」という心配が頭をよぎってしまい、口に運ぶのが怖くなってしまったこともあり、意図的に食べるのは避ける傾向が強くなってしまったのだけど、やはり辛みへの魅力は尽きることが無い...とはいえ、5倍とかならともかく20倍とか50倍、100倍ってのはちょいとやりすぎな気もする。まぁ、倍ではなく辛だけど、似たようなものだし、写真を見る限りでは辛いっていうより痛いという味覚ではないかなという気がする。というかうどんじゃなくて唐辛子がメインだろ、それ。


さすがに20辛を超えるものはスマホなどでの注意喚起を受けた上で本人の承諾の下にチケットが発行され、それを見せないと買えない仕組みになっている。ぶっちゃけるとそれだけリスキーなものなんだろうな、と。

最近では再び、健康のためにということで辛いものが流行っているとの話も聞いた。とはいえ、ここまで辛いと健康の良し悪しのレベルを超えている感はあるので、くれぐれもお気をつけて。魅力はあるんだけどねえ...。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年10月23日 06:43に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「サブレの焼いも味が登場する」です。

次の記事は「そろそろネックウォーマーとレギンスの出番です」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31