VRで距離や時間を超えた旅行もできるようになるよね

| コメント(0)


当方のツイッターのタイムライン上に、VRの新技術やら工夫やらVtuberの話が相次ぐようになって、こんなことを考えたというもの。もちろんデータの構築が大変なものになるし、それがあるから現状では無理なのだろうけど(例えば住宅の販売とかでもVRで事前視察ができれば超楽だけど、データの製作費や時間を考えたら割りが合わない)。将来的には地方の名所巡りとか、さらに距離だけでなく時間すらも超えた物見遊山ができるようになるかなあ、と思ったりする。

下手をすれば耐水性の問題もあるし、VRの技術そのものの概念を超える必要性すらあるかもしれないけど、自宅のお風呂で各地の温泉みたいな雰囲気を楽しむ事すらできるようになるかもしれない。「テルマエ・ロマエ」みたいな話も容易に可能となる。

現実と非現実の境い目は、結局人間の脳が判断しているのだから、それを視界などで誤魔化してしまえばいい。VRの根本原理はそれであり、だからこそ疑似体験とも呼ばれている。突き詰めればそういう事が出来てしまう。現状ではコストの問題があるのみ。


VRで地方巡業をして、その記念にお土産を買う代わりにデータをダウンロードして、自前の3Dプリンタで出力して記念品に、ということもできてしまう。食べ物は現状では無理だけど(スタートレックのデュプリケーターみたいなのができれば話は別)、造形は再現できる。

データのやりとりだから容易にコピーできるので、そもそも意味があるのかという意見もあるけど、本人にとってはコピーであろうと実物であろうと、自分自身の経験の断片としての保全品であるから、問題はない。価値観も大きな変化を示すことになるだろうけどね。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年9月30日 06:56に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「米国でもネットいじめ(Cyberbullying)は盛ん」です。

次の記事は「話を聞くとか気持ちを推し量って応答するって、ものすごくコストがかかる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30