キンドルの 利点は在庫 切れが無し

| コメント(0)


アマゾンとか楽天で展開されている商品を紹介する時に、紹介時点ですでに在庫が切れていたり、紹介した時には在庫があってもその後にアクセスしたら在庫切れだったよという話ってのは結構ある。単にネタ的な、情報の覚え書きとしてならともかく、こういうのがあるからチェックしてほしいなあという時には、んじゃチェックしてみようかとアクセスしたらもうありませんでしたってのは、購入しようとした人自身はがっかりだし、勧めた当方側にも申し訳なさがあるのだけど、そのような心配をほとんどしなくて済むってのは、非常にありがたいし、文明の利器だよなあとつくづく感じる。

そりゃもちろん、版元が配信を停止したり、サービス側がお休みしてしまうというケースも無くは無いのだけど、本に関しては物理的な紙媒体と電子媒体を比較したら、「買えませんでした」の可能性はけた違いに違うからね。

要はデータのダウンロード、あるいはダウンロードの権限の調達だからなあ。


似たような話としてはこんなのがある。いや、もちろん重複購入ってのは多分に買い手側のうっかりミスだったり、掃除をしていないのが問題なんだけどさ。それでも、誰もが一度や二度の経験はあるはず。特に単行本の類で。

そういうミスが無くなるのも電子書籍のメリットではある。......まぁ、別々のスタンドで同じ本を買ってしまうというミスの可能性はゼロでは無いのだけどね。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年9月 8日 07:42に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「アレクサ、あのゲーム立ち上げて」がXbox Oneで出来る時代」です。

次の記事は「省エネな「自分は無事です」の告知方法」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30