報道機関のアンケートのいい加減さ

| コメント(0)


先日のM氏の暴走ぶりで話題に上ることとなったサマータイム。都合よくアンケートの結果が複数社から出てきたのだけど、どうも調査方法がいかがわしい、じゃなくて疑わしいところがあるし、実際のところはどうなんだろうかなあ、ということで、頭の中で黒地に赤の例の文字が点滅しまくり状態。

結局例の場所には記事転送がされなかったようで、その方面でのツッコミは無しになったけど、大元の話が見つかったのでその手法も併せてフルスロットルでツッコミ。


まずは朝日新聞。携帯電話の番号向けにもアプローチをかけるとか、一応現状に合わせた対応をしてますよ、的なアピールはしているけど、ウェイトバックはしていないし、それりよりも何よりも設問が恣意誘導的で「こういう傾向の結果が欲しくて調査をしました」という動きを大披露大会な感じ。いいのか、報道機関がこの調子で。反社な組織の機関紙とどれほどの違いがあるのか。誘導マシマシな大盛りラーメン。


NHKも内情は似たようなもの。ろくすっぽ説明もせずに長所ばかりを挙げて「賛成する?」と聞いている。これでは確かな心境の反映がなされるはずがない。しかもこちらもウェイトバックはしていない。その理由として「ウェイトをかけるとゆがむ」とか言ってるし、年齢階層や男女のウェイトバックはしない。これはヒドイ。

今の報道機関の調査って、どこもこのレベルのいい加減さなのかなあ。絶望先生がエグザイル状態で「絶望した」の残業音がエンドレスモードの心境ではある。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年8月 8日 07:52に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「スマートスピーカーとVRでの体操と」です。

次の記事は「クロネコヤマトの宅急便とTポイントのリンクが始まっていた」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年8月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31