鉛筆の作り方が分かるベンチ

| コメント(0)


そういや三菱鉛筆の本社って建て替えをしていたのね、というのが第一印象ではあるのだけど。その本社の横のベンチが面白い事になっているよというツイート。なにやら複数のベンチがあるのだけど、それらが一つ一つ形を違えていて、順を追ってみていくと鉛筆の作成行程が分かるのだそうな。ちょいとしたアクセントではあるけど、こういうのはセンスもよいし、高く評価したいところ。


残念ながらプレスリリースは見つからなかったけど、三菱鉛筆の公式アカウントによる告知があったので、フェイクとかネタとかの類では無い事は確定。メンテが少々大変かもしれないけど、こういうのはどんどんやってほしいものだよねえ、と思ったりもする。実商品化ってのはさすがに難しいかな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年8月 6日 06:53に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「世の中にはいろいろな人がいる」です。

次の記事は「専門家の説明が「反論させない上から目線」に見えるケース」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年8月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31