共働き世帯はさらに増加中

| コメント(0)
18歳未満の子どもを持つ母親が仕事をしている割合が、初めて7割を超えたことがわかった。厚生労働省の調査によると、2017年、18歳未満の子どもがいる世帯のうち、母親が仕事をしている世帯は70.8%と、前の年より3.6ポイント増え、2004年の調査開始以降、初めて7割を超えた。

この類の報道って得てしてどこから情報を得たのかが書かれていなくて、どこ情報なのかを探すのに苦労するのだけど、今件は厚労省の国民生活基礎調査の概況からのものと確認できた次第。そういやそろそろ出てくるはずだよなあと思っていたけど、スケジュールが非常にタイト感。

で、記事に書かれているコメントの数々はさておくとして。共働き世帯が数、比率ともに増加しているのは記事の通り。理由までは調査では問われていないけど、働ける場が増えているのに加え、求人の条件がよくなっているってのがあるのではないかな、と。雇用ハードルが下がっているってのも要因だろう。

そもそも論として、共働きせずとも世帯が十分以上に暮らしていける収入が夫だけで得られれば、共働きの世帯は減るのだろうけど、そのような環境でも共働きに出るってのも少なからずあるはず(というより、上を見たらきりが無い)。その辺はいくつかの調査の結果で出ている。

まぁ、共働きをするとなると、当然女性の時間はある程度就業に拘束されるし、その前後も色々と大変で時間を割かなきゃならない。どこから時間を工面するのかって問題もあるよなあ、と。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年7月21日 06:44に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「エアコンの設置と熱中症と」です。

次の記事は「ハッピーセットの新作はチョロQとマイメロディ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31