カップヌードルのお椀サイズにありがたみ

| コメント(0)


発想の転換というのか需要の多様化というのか。商品の小サイズ化が新たな需要を生み出す事がある。小分けタイプの増加は小世帯化とか高齢化とか、少ないものを少しずつ多種類で食べたいという需要に応えたもので、例のステルス値上げという話も昨今では大よそ的外れって感じ。

で、今回指摘されたのは、例のカップヌードルをお椀で食べようというもの。「家飲みのシメにいい」とか、最強のキャッチフレーズだよね、天才的だよという感はある。飲みの締めにラーメンは欠かせないという人も多いけど、一人前だとちと多い。ならばお椀一杯分で......という気持ちにフルスロットルで応えてくれる。


他にチキンラーメンもあるようだけど、チキンラーメンは元々ミニサイズが結構知られているので、ここはあえて普通のカップヌードルとどん兵衛のお椀タイプを。このお椀ヌードルの麺は1食あたり28グラム。普通のカップヌードルが65グラム、ミニサイズのカップは30グラムなので、ミニサイズぐらい。最近では同サイズのが100均などでもよく見かけるようになった、ミニヌードルとだいたい同じ。

家飲みの締めにとはあるけど、みそ汁代わりに食べてもいいよね、という気はする。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年7月 5日 07:00に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「アマゾンの「あなたの扇風機、大丈夫?」サポートに涙」です。

次の記事は「「喫煙者は交通死亡事故のリスク高い」との話」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31