54字の物語のミニミニ文学賞

| コメント(0)


先日の【54文字の原稿用紙の投稿の正体】の話。世の中の流行り廃りというのは面白いもので、キャンペーンが終わった後に「54字の物語」を使ったネタ話がツイッター上で流行り出すという不思議な展開に。

で、せっかくだからということなのか、PHPでは無いけど「54字の物語」の著者自身がちょっとした文学賞を作って応募するよという形になった。賞品もPHPの時の半分だけど悪い話じゃない。むしろ著書とサービスのプロモーションとしては最適のタイミングだという感。

雰囲気としてはツイッターでの大喜利と似ているし、何より原稿用紙の上に書くというスタイルなので、カッコよさがあるんだよね。


まぁ、過去ネタもあわせていくつか投稿してみた。あらためておバカなネタではあるが、悪影響が生じるわけでは無いし、面白いから善しとする。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年7月 6日 07:24に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「炎上商法と表現の自由と放火魔が勝ち逃げできる社会の危うさと」です。

次の記事は「アマゾンのプライムデーに対抗してか、トイザらスでもオンラインでセールを行うようです」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31