スーパーカップだけどアイスクリームじゃないのが1.5倍

| コメント(0)
発売30周年を迎えるスーパーカップからインパクトのある新商品が登場。定番のシーフードにバニラの香りと味わいが口いっぱいに広がる新感覚の一杯【発売日・発売地区】2018年7月30日(月)・全国(スーパー、コンビニ等)


大盛りカップめんのパイオニアであるスーパーカップは、味わいや量での満足感を得られる食べごたえのあるカップめんを追求し続け、今年発売30周年を迎えます。今回、節目となる年にインパクトある商品を新たに開発しました。まろやかなシーフードスープに後がけのバニラ風味のパウダーを加えることでバニラの香りとコクをしっかりと楽しむことができ、食べごたえのある大盛りラーメンもどんどん箸がすすむクセになる一杯です。大盛りカップめんを30年間盛り上げ続けてきたスーパーカップにしか出来ない新たな可能性に挑戦した一杯に仕上げました。


第一印象は例のスーパーカップアイスにしてはちょっと奥行きがありすぎるな、そして第二印象は「なんで熱湯3分なんだ? コンビニで時折見かける、電子レンジで作るタイプのアイスの派生形なのか」、そして気が付く「これ、アイスじゃなくてラーメンだ」。

確かに記念品的なポジションとして面白い企画の商品を作るのはありだけど、よもや大きさをアピールするために、別ジャンルの商品のネタを持ってくるとは。しかも何気にデザインが巧みなので、ちょいと見ではアイスクリームと見間違えてしまう。

味も一応ベースとなった商品に併せてある。色はシーフードスープで白っぽくして、さらに後がけのバニラ風味のパウダーでバニラの香りとコクを楽しめるとのこと......ってバニラっぽいラーメンなど見たことも聞いたことも無い。「大盛りカップめんを30年間盛り上げ続けてきたスーパーカップにしか出来ない新たな可能性に挑戦した一杯」という自信万点なフレーズで締めているけど、これ味的に色々と期待と不安が入り混じる。

ともあれ発売は7月30日。それ以降になってからだけど、食べた方のレポートを確認したいところだな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年7月 6日 06:16に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ネガティブなダメージはその時だけのものでは無く、それが将来も続くという絶望の認識から」です。

次の記事は「ちょい飲みが増えている、働き方改革のせいだという話だけど」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31