心の疲れをいやすには自分の好きなものを食べるのが一番

| コメント(0)


タイトルだけで終わってしまう話ではあるのだけど。ここ数か月ばかりちょいとモチベーションが圧迫されるというかメンタル的にツライ状況が続いていて、それが時折波を打って押し寄せてきて、食欲は無くなるわ得も言われぬ絶望感に苛まれるわすべてのやる気ゲージが削られるわ的な感じに。以前言及した、スタミナの上限値がペナルティを受けて半減しているような、そんな状態。

先日もその波が襲ってきて、ちょいと食事すら難しい...というか、作る気力がわかなくなってしまった。精神的にマズい状態の時に生じる「空腹感はあるのだけど、それと食欲が連動しない」パターン。

こういう時は自分自身が手間をかけることなく、しかも多少のスタミナゲージのダメージでもそれを振り切るような自分の好みのものに手をつけるしかない。口当たりの良いデザートとかアイスでもいいのだけど、それでは腹を下しかねない(冷たいばかりってのは胃腸にはあまりよろしくない)。

で、こんな時にお馴染みの、セブンの冷凍パスタと小物惣菜の組み合わせ。パスタは200円強で相応のボリュームがあるし、ミートもカルボナもナポリもみんな及第点以上の美味しさ(カップ焼きそば系のでもいいけど、お湯を沸かすほどのモチベが出てこなかったり、味が以下略)。惣菜は餃子が一番。この価格でどうやってこれほどの旨味を出せるのか、かなり不思議なんだよね。

食欲と空腹感の連動が断ち切られていたとしても、実際には食事を取らない事には身体まで壊れてしまう。自動車がガソリンを入れないと動かなくなるのと同じ。食べるというモチベを高めるために、こういうアイテムが気軽に手に入るってのは、ありがたいお話には違いない。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年6月11日 06:40に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「レトルトご飯とカレーの食べ方と、缶詰の湯せんと」です。

次の記事は「アマゾンのほしいものリストとレビューと」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31