下着を干して叱られる女性兵士セットのプラモデルは実在する

| コメント(0)


プラモデルは何を題材としても、需要のあるカテゴリ、テーマならば受けいれられる。戦場のジオラマを作る際にこんな場面もありうるだろうなあという思惑の下に、なんだこれはというツッコミをしたくなるセットも色々と登場している。何には対象となる世界観そのものの認識が違うんじゃないかというのもあるけど。

今件もぱっと見ではツッコミをしたくなるようなセット。確かに第二次世界大戦当時のソ連軍では女性兵士も多数参戦しているし、このような情景もあり得たのだろうけど、それをわざわざモデル化するってのは、色々な意味で新たな価値観が芽生えてしまう。


で、このプラモデルは実在する。しかも1/35なのでメジャーな他のセットとの組み合わせも容易。いや、組み合わせたとしても、どのような設定にするのか、結構難しいところがあるのは否めないけど。むしろこの状態そのものが最強なんじゃないかな。


関連商品として出てきたこのプラモもなかなかイケている。ドイツ軍とアメリカ軍の精鋭降下兵が対峙しているという緊迫した場面、のはずなのだけど、両者とも林浴中の女性に夢中で敵のことなどお構いなしという、色々な意味で松本零士先生の漫画に出てきそうな状況だったりする。1944年の南ヨーロッパでの一場面ってあるけど、これどこだよ、的な。

...二つのプラモを合わせたら、もっとアレな情景になるかもしれないな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年6月 8日 07:24に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「つっかえ棒などの転倒防止策は実施してるかな」です。

次の記事は「超大手雑誌以外は物理はがきによるインパクトは絶大だというお話」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31