アマゾンやツイッターの株価がいつの間にか

| コメント(0)


外電で色々と話題に上るたびにちょいと気になる株価動向。特にIT系の米国企業はどう考えても伸びていくだろうってのが分かるので、早いうちにまとめて買っておけばよかったかあという、後で悔やむから後悔と書くのだよね、的な状態。

特にアマゾンは数年前から決算関連で本家サイトの記事でも追いかけているのだから、どう考えてもコケることは無いだろうというのが分かっていただけに、5000兆株はムリだとしても、ポートフォリオを全面的に書き換えるようなレベルで買っておけばなあ、という感じの伸び方。


ソーシャルメディアという1サービスの運用業態としてはアマゾンと比べてはるかにリスクは高いのだけど、財務諸表を見る限りでは世間一般に言われているほど絶望的では無いんじゃないかなという感のあったツイッターも、最近はもり株状態。やはりこちらも5000兆株買っておきたかったよね、的な感は強い。

まぁ、こればかりは仕方が無いよね。少なくとも自分の選択眼は間違っていなかったというだけでもいいかな、と。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年6月 3日 06:52に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「スマホでネット入りびたりの米国ティーン」です。

次の記事は「ビーバー型の鉛筆削りとアマゾンの連動広告と」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31