法人と個人、それぞれの長短所

| コメント(0)


会社勤めをしている人には何ら関係の無い話だけど、クリエイター系をはじめとして個人事業をしている人、あるいはフリーで仕事をしている人とでも表現すればいいんだろうか、そういう人には、法人化が必要か、それとも個人事業としてのままの方がいいのか、迷うことがしばしばある。

法人化によるメリットは数多い。税金面では優遇される、対外交渉の上で個人と比べると法人の場合は取り扱いの際に最初から数段土台を設けてもらえるような感じになる、とかね。特に企業とのやりとりの中で、責任に関わる契約のお話の時に個人だと責任を取り切れないからダメってことがある。中身が実質的に個人一人であっても、単純な個人と法人とでは勝手が違う。

ただし法人化にはそれなりのデメリットもある。色々とやらねばならないことは増えるし、当然気苦労も増える。コストも上乗せされる。長所と短所を見比べて、長所が多い場合にのみ、法人化を考えるってのが無難なところで、何だか恰好良さそうだから、あこがれだからってだけで法人化すると、色々と後悔することになる。


法人化してえられるメリットを享受できない、する必要がないのなら、あえて法人化する必要もない。なんか法人成りとかさらには上場するのが最終目的のような社会風潮があるのだけど、結局のところは自分自身の天秤で量って善し悪しを考えるべきなのだろな、と。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年5月13日 07:10に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「長時間労働と睡眠不足による効率の低下と」です。

次の記事は「自己負担率引き上げは現場判断では無く一律で」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31