カレーパンサンド(フジパン)試食

| コメント(0)


先日ちょいと話題に上った、カレーパンをパンではさむという、字面としても何か違和感を覚える新しい総菜パン「カレーパンサンド」。出先のスーパーで見つけて思いっきり注目。どうやら商品名だけでは実情を理解しがたいのは当方だけではないようで、陳列棚のわきに実物がサンプルとして飾られている。まぁ、商品名からこれをすぐにイメージできる人は少ないよね。ちくわパン以上の斜め上なものに違いは無い。


で、当然のことながら一つ調達して早速試食。以前記事でも言及したけど、カレーパンは美味しい、けど生地の部分の油のべとべとがイヤだな、どうにかならないのか...そうだ、油を他のパンに吸収させちゃえばいいんだ、的な発想だったんではないかな。作りも非常にシンプルで、カレーパンを食パンではさんだだけ。これ、カレーパンと食パン買ってきて、すぐに自作できるよね。

しかしながら味そのものは想像以上に良かったりする。食パンの部分が8枚切りの薄手のパンで、カレーパン部分の生地との比率がぴったり。口にすると生地の部分の食感がダブルでやってきて、これもまた旨味を誘う。軽くトースターで焼くとさらに美味しくなる。

願わくばもう少しカレー部分の具材が多いと、リッチ感も味わえたかなという気がする。例えばここに...というかカレーパンと食パンの間にハムをはさんでみるとか、色々と応用はできそうだ。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年4月17日 07:39に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「年を取ると集中できる時間が短くなるのは...」です。

次の記事は「「市場原理を導入して単純に競争させれば皆がハッピーになれる」という宗教」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31