「ねこぶそう」はマジネタだったっぽい

| コメント(0)
バンダイは4月1日、「ねこ」に「ぶそう」させた新しい玩具「ねこぶそう」を発表しました。世界観が斜め先を行ってる。ホビー業界の「女性×武装」のトレンドに対抗した形で、同社はなぜか「ねこ×ぶそう」で勝負を挑むもよう。猫のフィギュアに、段ボールやこたつ型のジャケットを着せて、そこにランチャーやタンク等の「ぶそうプラモデル」を装備させることが可能になっています。見た目のシュールさがすごい。

「艦これ」をはじめとして戦う女性の姿を描いた創作物が色々と出ているので、ねこさまにも武装させたっていいじゃん、的な発想のシリーズ。無論本物のねこさまにではなく、専用の造形を用意してその上で色々と武装をさせるというもの。

発表が4月1日だったということもあり、エイプリールフールのネタとしては随分と面白いな、現実になってほしいなとは考えていたのだけど、エイプリールフール企画という記述も無いし、現在に至るまでちゃんと専用ページも残れさているし、今後の予定もしっかりと書かれている。


恐らくは単なるノリとかじゃなくて、それなりの世界観を構築した上でシリーズ化されるのだろうけど、なんだかボストンダイナミックス社の例のロボットラマをも想起させるものがあるし、今後の展開が楽しみではある。武装アイテムも色々と応用が利きそうだし、ね。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年4月 9日 07:01に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「アマゾンのprime studentは可能な限り入っておいた方がよさげ」です。

次の記事は「ゲーム機は安心の担保のために調達する」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31