「don't think, feel」の意味

| コメント(0)


恥ずかしながら実は当方もこの話を見聞きするまでは、指摘されている間違った解釈を信じ込んでいた一人。「お客様は神様です」同様に、勘違いして認識していると言葉の真意をつかみ取れなかったり、より深い意味を知ることができないのだなあ、という感はある。

目先にとらわれるな、戦略的な目標をしっかりと見極めて考え、行動しないと明後日の方向に歩んでしまうぞ、とでも表現すべきか。「実践目標は小刻みに」という話と矛盾するようにも思えるけど、その小刻みの目標だって行先が間違っていたら何の意味も無い。目的地を間違ってたらダメだよ、的な。


フィーリングで、直感で判断しろ、物事の決断はインスピレーションで良い...というわけじゃなくて、多少のぶれがあれども最終目標に向けて突き進むのが大切だということ。この辺の話は【あの名セリフ「Don't think. FEEL!」の後に続く含蓄に富んだ言葉、知ってますか?】などいくつかの裏付けもとっているので、間違いなし、と。目の前のエサに食いついていたら結局先には進めない、と。

で、直接はこの言い回し「don't think, feel」とは関係ないのだけど。今件で知ったもう一つの教訓。言葉の意味は前後関係や背景まで把握しないといけないということでもあるのだよね。まぁ、何に関する話として、というのはあえて指摘はしないけど。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年4月21日 07:50に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「自分のしようとしていたことをすでに誰かがやっていたとしても」です。

次の記事は「まんが4コマぱれっと 2018年6月号読了」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31