小中学生の保護者間の意思疎通SNSはLINE

| コメント(0)


小学六年生から中学三年生までの子供を持つ保護者に対するアンケート。ネット経由でのアンケートなので、ネットバイアスがあることに注意。とはいえ、現状ではスマホもパソコンも使っていない子供の保護者ってのは少数派だろうから、誤差もあまりないかな、と。

で、そのような調査対象母集団における、保護者同士の連絡に使うSNSとしてはLINEが圧倒的。まぁ、子供とのやり取りにもチャット的にクローズな環境で利用ができるし、使い勝手がよいからねえ。次いでFacebook、ツイッターだけどいずれも少数派。意思疎通には相手も利用していることが前提なので、ある程度の比率で広まると、あとは独り勝ちになってしまう。


で、悩みを相談する相手としては、配偶者がトップ。次いで同じ学校の保護者同士、そしてそれ以外の友達。なんだかんだ言っても結局は配偶者が一番かな、というところではある。

ちなみに今調査ではPTAに関してもいくつか問われているけど、その話はパス。どのようにでも解釈できるので、ちょいとざっと見レベルでは難しいのだな。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2018年3月30日 06:47に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「コードリールと犬のおまわりさん...タカラトミーアーツの新作ガチャはゲットしたいものばかり」です。

次の記事は「貯金の方法は人それぞれだけどね...」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31